1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. おすすめスポット
  4. 石の公園前カフェ併設雑貨店「Tienda de Mama~ままのみせ~」
つくばスタイルBlog

石の公園前カフェ併設雑貨店「Tienda de Mama~ままのみせ~」

つくばスタイル特派員 しらゆき - 2020年09月04日11:00

みなさん、こんにちは。つくばスタイル特派員のしらゆきです。

 

つくばエクスプレス(TX)みらい平駅から歩くこと約5分。陽光台の閑静な住宅地にある「Tienda de Mama~ままのみせ~」を今回は紹介します。

 

 

「石の公園」のすぐ脇にあり、紫色の外観が目を引く 「Tienda de Mama~ままのみせ~」は、カフェと手作り雑貨委託販売の店として約3年前にオープンしました。

 

主に切り盛りをしているAIさんは、TXが開通した約15年前、結婚のタイミングで都内からつくばみらい市へ居を移し、TXとともに発展していくみらい平の様子を見てきた一人です。「“TXで秋葉原駅まで約40分”と都心とこんなに近いのに、緑豊かな自然があって初めは驚きました」と話してくれました。

 

みらい平は都心へのアクセスが便利な上に地価が安く、自然を満喫できるこの環境に魅せられ、多くの子育て世代が移住してきており、新しい街並みが広がっています。

 

3年前までこの場所でAIさんのお母様が「フリースペースひかり」という名で店を営んでおり、それを引き継ぐ形で店を任されたのだそう。店舗運営は一からのスタートだったそうですが、“自分流に楽しくやりたい”という思いで、衣・食・住を大切にした今のスタイルになりました。

 

しゃれた店の名はスペイン語から。世界各国を旅行してきたAIさんがスペイン語に愛着があったこと、そしてまだ小さかったお子さんがこの場所のことを“ママの店”とよく話していたことから名付けたのだそう。

 

3人のお子さんを育てるAIさんは「普段育児で大変なママたちの憩いの場になれば。小さなお子様連れも大歓迎です」とほほ笑みます。子育て家族が多く住まうみらい平に、小さな子どもを連れてほっと一息つける場所があるのは心強いですね。

 

 

店内へのドアを開けると、 ほのかにお香の香りが漂い、異国の雰囲気に包まれた雑貨やオブジェが出迎えてくれます。入って右手がカフェスペース、左手が雑貨販売スペースになっており、ゆったりと食事や買い物を楽しめますよ。

 

カフェでは、農業に携わっているAIさんのご主人が作った自家製野菜や米を使った料理を提供しています。ランチ営業のときに提供される採れたての旬の野菜をたっぷり使った日替わりランチは、おいしさはもちろんのこと、健康も意識したものです。

 

テイクアウトも可能な”おにぎりランチ”は、鮭や塩昆布など具を選ぶことができますよ。

 

夏だけの期間限定メニュー“かき氷”は無添加シロップを使い、小さなお子さんでも安心して食べられます。

 

 

AIさんオススメの期間限定「酵素ジュース」は、パイナップルやレモンと“バタフライピー”というハーブの入ったドリンク。”美肌、デトックス効果があり、腸活に効果が期待される”と聞いて、飲まない理由はありません!

 

自家栽培の“バタフライピー”のハーブの青い色が暑い夏にぴったり。見た目だけでなく、味もさっぱりして飲みやすい!果物もまるごと食べられますよ。

 

開放感あふれるテラス席で冷たい酵素ジュースを飲み干すと、心地よい風に吹かれてより一層さわやかに感じました。

 

 

雑貨販売スペースでは、AIさんが仕入れた自然派ブランド「生活の木」の雑貨や日用品、エスニック雑貨の他に、手作り雑貨が所せましと並びます。約20名もの手作り雑貨の作家のみなさんの作品はどれも個性豊かで愛情いっぱい。石鹸、子ども用エプロンやポーチといった布雑貨、マスク、アクセサリーなど、どの作品もとても手の込んだ仕上がりです。今の時期は夏用のマスクや夏らしいアクセサリー、髪ゴムなどがたくさん目につきました。

 

 

中でも人気なのが、この“マスクアクセサリー”。マスクが欠かせない日々の中、マスク装着時に“気分が上がる”と最近話題になっているんですよ。留め金具をマスクのゴムの部分にかけると、チャームの部分が揺れてキラキラとしてとてもキレイ。アルファベットのチャームや透明感のあるビーズをあしらった華やかなデザインのもの、子ども向けのキュートなものなどたくさんの種類がそろっています。

 

 

手作り作家お手製の”ミツロウラップ”は、ミツロウを布にしみ込ませて作られたラップです。「私は子どもに持たせるおにぎりを包むのに使っていますよ」とAIさん。 ミツロウには抗菌・防腐効果があり、食品を包むと鮮度をキープしてくれる効果が期待できるのだそう。洗って何度も使用できるため、エコで節約にもなります。乾きが早く、手入れが楽というのもうれしいですね。鮮やかなデザインが目を引き、選ぶのに迷ってしまいそうです。

 

 

年に2回ほど同店で開催していたマルシェのイベントは、店内で手作り雑貨の作家の方が直接ブースで販売を行い、外では近隣の飲食店のブースが並び食事が楽しめるとあって、たくさんの方が来店したのだそう。次回の開催はまだ未定とのことですが、地域の輪が広がっていく素敵なイベントです。

 

「もうすぐ稲刈りの時期なんですよ」とにこやかな笑顔で話すAIさん。農作業の手伝いをする傍らで店を切り盛りし、家族の絆を大切にするその姿勢が、つい長居したくなるような店の雰囲気を生み出す理由のひとつかもしれません。

 

以上しらゆきがお届けしました。

 

Tienda de Mama~ままのみせ~

所在地 つくばみらい市陽光台3-21-4

※不定休のため、営業日・営業時間はインスタグラムにてご確認の上、おでかけください。


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。

アクセスMAP

つくばエリア見学モデルコース
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS