1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. おすすめスポット
  4. がんばる女性たちを応援したい。身も心もほぐすつくばの新スポット「goen」
つくばスタイルBlog

がんばる女性たちを応援したい。身も心もほぐすつくばの新スポット「goen」

つくばスタイル特派員 みっきぃ - 2018年11月16日11:00

こんにちは、みっきぃです♪立冬を過ぎ、日一日と寒さを感じるようになってきましたね。

 

冬の気配が近づくとともに、身体の冷えが気になりはじめるこの時期。体も心もぽっかぽかに温めてくれる、女性のための癒やしスポットをご紹介したいと思います(っ´ω`c)

 

 

訪れたのはTX研究学園駅から車で5分ほど、新しい家々が建ち並び、新店舗の出店が相次ぎますます活気づく学園の森エリアにあるよもぎ蒸し専門店「goen(ゴエン)」。

 

仕事や子育てに励む女性も多いこの街で「がんばっている女性たちの身体をほぐす場所をつくりたい」と、今秋オープンしました。

 

周辺には、商業施設の「iias(イーアス)つくば」や塾や習い事教室なども集まっているので、買い物帰りやお子さんの送り迎えで空いた時間を使って気軽にデトックスへ立ち寄れる立地も嬉しいですね♪

 

 

そもそもよもぎ蒸しとは、韓国で600年以上前から行われてきた民間療法。よもぎを煎じた蒸気を下半身を中心にあてて体を温め、月経や更年期など女性特有の悩みに効果があるとされています。

 

 

お店の扉を開けると、ふわ~っと鼻をかすめるよもぎの香りに早くも癒やされる~♪

 

同店では、本場韓国から取り寄せている3種類の漢方薬草よもぎを使用。初めての人は美容からスタートし、その後は目的と好みに合わせて自分の好きなものを選べます♪

 

 

ということで、私も美容よもぎを体験~!

 

服を脱いで首から下をすっぽりと覆うマントを羽織ったら、黄土座器の上に座ってよもぎ蒸しスタート。

 

選ぶよもぎの種類や体調によっても異なりますが、数分すると体の真ん中からじんわりと温まるのが分かります。そして数分後…出てくる出てくる、大量の汗!

 

吹き出てくるさらさらとした汗と共に、老廃物がどんどん流れていくよう~。さっきまでひんやりと硬くなっていた手足も温まり、体の先までほぐれていきます。同時に、私のまぶたもどんどん重くなる…( ´ρ`)。o ○

 

 

入浴後とはまた違って、その後時間が経っても全身がぽかぽか。気のせいかお肌もぷるんとしているような♪

 

「韓国では“無病長寿の薬”とも言われる黄土は、身体を温めるのに効果的な酵素が多く含まれているので、身体が芯から温まりその効果も持続しやすいんですよ」と、オーナーの白石加奈子さん。

 

白石さん自身、体調不良を抱えていたときに知人からすすめられて始めたのがよもぎ蒸し。都内にあるさまざまなお店に通いつめ、色んな種類を体験する中で格段にその温かさと効果を感じたのが黄土を使用したよもぎ蒸しだったと言います。

 

自分が本当に良かったと効果を実感した、安心できるものを広めたいと数年前に黄土よもぎの専門店を構え、たくさんの“ご縁”に対する感謝の意を込めた念願の路面店をつくば市にオープンさせました。

 

 

じんわりと身体を温め包み込んでくれる黄土を連想させる、温かみのある色合いで統一された店内では、一人でゆっくりはもちろん、お子さんづれやお友だちを誘ってのグループ利用も可能。

 

「仕事に家事に子育て、色んな人間関係の中でがんばっている女性たちがそれぞれにくつろげる、特別な空間にしていきたい。goenのよもぎ蒸しで体も心もほぐして、リラックスしていってくださいね」

 

 

ぽかぽかになって外にでると、いつもは冷たい風も今日はなんだか心地いい♪せわしなくすぎる毎日の中で、体も心も元気になれるほっと一息つける場所を見つけて、今年は心穏やかに冬を越せそうな気がするみっきぃがお届けしましたᕕ( ᐛ)ᕗ

 

黄土よもぎ蒸し専門店 goen

 

住所:茨城県つくば市学園の森1-38-2 ミネルバテナント2階

電話:029-811-6007

営業時間:10時~19時 ※日曜日のみ17時閉店

定休日:月曜日


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイル満喫プレゼント2018-19
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
つくばスタイル Instagramフォトコンテスト
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS