1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. つくばスタイル
  4. 住んでる人に聞いてみよう~つくば市香取台~
つくばスタイルBlog

住んでる人に聞いてみよう~つくば市香取台~

つくばスタイル特派員 しらゆき - 2019年11月01日11:00

みなさん、こんにちは。つくばスタイル特派員のしらゆきです。

 

つくばエクスプレス(TX)万博記念公園駅から歩くこと約10分。つくば市香取台には、緑豊かで閑静な住宅地が広がります。

 

エリア内に新たに香取台小学校(仮称)が 2023年度に開校することが決まり、ますます宅地や集合住宅、広々とした香取台吉祥公園の整備も進んでいます。 

 

 

駅前にはスーパーマーケットやドラッグストア、100円ショップ、クリーニング店など便利な暮らしを支える店が軒を連ね、隣の駅であるTX研究学園駅前には北関東最大級のショッピングモール「イーアスつくば」があり、気軽に訪れることができます。

 

また、道路の整備も進んでおり、TXの線路沿いを走る新都市中央通り線の工事区間が 2019年8月末に開通し、万博記念公園駅方面と研究学園駅方面の車でのアクセスが格段に向上しました。

 

そんなつくば市香取台にMさんが新居を構えたのは3年ほど前。そのお宅を訪ね、ご家族に住み心地をお伺いしました。

 

 

小学校と幼稚園に通う二人の娘さんがいる4人家族のMさんファミリー。学生時代をつくばで過ごしたこともあり、自然豊かでのんびりした場所で暮らしたいと考えていたご夫妻が選んだのは、TX万博記念公園駅から徒歩圏の香取台でした。

 

ご主人は普段の通勤はつくば市内ですが、都内へ仕事で行くときにはTXを利用しており、駅まで徒歩圏内というのも土地を探すときにひとつのポイントになったのだとか。いずれお子さんたちが高校や大学へ通学する際にTXを利用する可能性も考慮したそう。TX万博記念公園駅からTX秋葉原駅まで区間快速で46分というアクセスの良さを活かして、進学先の選択肢がぐっと広がります。

 

 

「自分たちが生まれ育ったような、緑豊かな静かな環境で暮らしたいと思っていました」と話すご主人。このあたりは緑に囲まれたエリアで、野生のキジの鳴き声が聞こえてくることもあるといいます。

 

駅周辺は自然と調和のとれた美しい街並みが整備される一方、少し離れると静かな森が残されています。小鳥のさえずりを耳にし、心安らぐ緑や自然が身近にあるおかげで、季節の趣を感じとる五感が豊かに育まれます。

 

元々の住民の方と新しく転居してきた方とで新たなコミュニティができている香取台。自治会ような組織は今はありませんが、程よいご近所付き合いが保たれているのだとか。

 

このあたりではガーデニングをしたり、犬の散歩ですれ違ったりというような日常生活の中で「こんにちは」と挨拶をし合う、自然な交流が生まれているのだそう。

 

 

広々とした庭のあるMさん宅は、「”雑木林”の風景をここに造りたかった」というご夫妻の思い通りに、小高い丘がところどころに設けられ、木々に囲まれています。広さと木々があると庭の手入れが大変なのかと思いきや、「落ち葉が腐葉土になるんですよ」とご主人。木々の芽吹きや落葉といった自然の織り成すサイクルが庭の樹木や草花を育み、季節の移ろいを間近に感じることができます。

 

その一角に設けられた家庭菜園には、夏には美しい白い花を咲かせ、たくさんの実を実らせたというオクラが。季節ごとに家族で収穫の楽しみがあるのも家庭菜園の魅力のひとつです。自分の家の庭で採れた野菜なら、好き嫌いせずに食べられそうですね♪

 

「庭にトンボや虫がたくさんいるんだよ」と教えてくれたのは、幼稚園に通う妹さん。庭の木にはたくさんのトンボがとまり、心地よい音色を奏でてくれる コオロギの姿も。

虫探しをしながら木々の合間の小道を進み、探検家気分で子どもたちが駆け回ることのできる庭です。

 

 

南側に面したリビングに一歩足を踏み入れると、緑豊かな庭が心地よいさわやかな風を運んできます。大きな窓から望む庭は、まるでひとつの絵画の額縁のよう。眺めているだけで心満たされ、穏やかな家族の時間を過ごすのにぴったりです。

 

開放感いっぱいのリビングの中央にあるのは、ご主人の強い要望だった薪ストーブ。 薪の用意はご主人の担当で、冬が来る前に薪割りをして乾燥させ、寒い季節に備えておくのだそう。 

 

家づくりの当初、奥様は薪ストーブの設置に反対していたそうですが「今はピザを焼いたり焼き芋をしたり、活用しています」と嬉しそうに微笑みます。この薪窯で焼くとピザが格別に美味しくなるそうで、薪ストーブが活躍する冬が待ち遠しいですね♪

 

優しく、心地よい暖かさが体を包み込んでくれ、冬場には自然と家族が集まる憩いのスペースです。

 

 

リビングの隣にある子どもたちが遊ぶスペースは、キッチンに居ながら様子を見ることができます。

 

ご主人手作りという大きな黒板は、子どもたちが大のお気に入り。姉妹並んで絵を描いたり、”学校ごっご”をすることもあるそうで、仲良く楽しめるスペースになっています。「友達が遊びにきたときは、ここでみんなで絵を描いたりして遊ぶよ」と小学生のお姉ちゃんが教えてくれました。

 

DIYが趣味というご主人は、黒板の他にもリビングに置いてあったお子さんたちの勉強机も作り上げたという腕前です。

ここから車で5分ほどの場所にある「山新グランステージ」はご主人御用達の店。ガーデニングから日用品まで幅広い品揃えが魅力の大型ホームセンターで、 DIYに欠かせないアイテムがここ一軒でそろいます。

 

緑豊かな環境でゆったりとした暮らしを叶えたMさんファミリー。リビングの中心にある薪ストーブを囲んでの家族の優しい時間が流れる季節はもうすぐ。家族と共に時を重ね、子どもたちの成長を見守る存在となることでしょう。

 

以上しらゆきがお届けしました。


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS