1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. ショッピング・グルメ
  4. 本格フレンチをもっと気軽に、おもしろく。「ふらんす処 じぇむ」
つくばスタイルBlog

本格フレンチをもっと気軽に、おもしろく。「ふらんす処 じぇむ」

つくばスタイル特派員 みっきぃ - 2019年09月27日11:00

こんにちは、みっきぃです♪

 

秋生まれの私。毎年「おいしいもの食べにいきたい!フレンチとか行きたい!」誕生日が近づくにつれ、独り言が大きくなる私に「フランス料理ってマナーとか緊張するじゃん…もっと気楽なお店ならいいよ」と、家族の反応は冷ややかなもの(涙)。

 

でもね、今年は見つけたんです。気軽に行けるフレンチを(^O^)/~

 

 

守谷市役所から車で2~3分、つくばエクスプレスの高架線近くにトリコロールの暖簾が揺れる「ふらんす処 じぇむ」。

 

オープンから2カ月弱にも関わらず、口コミで評判が広まり、女性客を中心にファンを増やしている話題の新店です。

 

 

「フレンチのおもしろさをより多くの人に知ってほしい」と、お箸で食べる気軽なスタイルで楽しめるフレンチのコースを提案する同店。

 

旬の食材を盛り込んだ前菜やメイン、すべてがナイフとフォークを使わずに食べられるよう、食感やサイズも工夫されています。

 

 

和の調味料や食材など、日本人が慣れ親しんだ「和」の要素と融合したフレンチに添えられているのは、茶碗にふわりと盛られた白米。

 

「やっぱ日本人はこれこれ~」なんて一人ほくそ笑みながら、フランス料理を気兼ねせず白米の上にワンバンさせられる幸せ。フレンチの技巧と和の安心感が絶妙に融合しています。

 

 

また、コースの最後を彩るのは季節の味覚が堪能できるデザート。シェフの感性が響く料理の美しさに、前菜、メイン、デザートが運ばれる度、それぞれのテーブルからは感嘆のため息が漏れ聞こえてきます。

 

 

「おいしかったです」「すごく美しかったわ。また来ますね」

オープンキッチン越しにかけられる声に、謙遜しがちに頭を下げながらお客さんを見送るオーナーの富田シェフ。

 

「地元大好きなんです」と話す富田さんは、守谷出身。高校卒業後、料理人を志し都内に進学した頃から「いつか地元でお店を開きたい」と夢を温め、さまざまなフランス料理店で修業を積んできました。

 

 

「守谷のものをおいしく、楽しく味わえるお店を作りたかった」と、仕入れているのは守谷産をはじめ茨城県内で育まれた食材がほとんど。守谷で野菜づくりと真摯に向き合う「まーの農園」や「オーガニックファーム がけ山」など、「そのまま食べても十分においしいものばかり」と信頼を寄せます。

 

そんなポテンシャルの高い素材に手を加え、一枚の皿にどんな料理を描くのか。それこそ、シェフの腕の見せ所。「食材の仕入れ状況や気候なども考えながら、どんな調理法が合うのか、これを試してみたらどんな味わい、食感やバランスが生まれるんだろうと日々試行錯誤の連続。想像できないおもしろさこそ、フランス料理の魅力です」と楽しげに教えてくれた富田さん。

 

次は、どんな一皿に出合えるんだろう。フランス語で宝石を意味する「gemme(じぇむ)」には、訪れる度にワクワクさせてくれる楽しみがあふれています。

 

 

「コックになりたい」

高校の卒業文集に記したその夢を、地元で叶えた富田さん。

 

次なる夢は?そう尋ねると「うわ、なんか取材っぽい」と照れながらも「フレンチや和食、お客さんとシェフ、いろんな垣根を取っ払って、誰もがおいしく、楽しく過ごせる場所にしていきたい」と話してくれました。続けてぼそっと教えてくれた一言に、ますます期待が高まるみっきぃでしたᕕ( ᐛ)ᕗ

 

「守谷で一番のフレンチ、目指します」

 

 

ふらんす処じぇむ

住所:茨城県守谷市大柏1008-27 フローラーリア102

電話:0297-34-0409

営業時間:11時~15時(LO 14時半)、18時~22時(LO 20時半)

定休日:水曜日、第三火曜日

駐車場:店舗裏手にあり


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。

アクセスMAP

つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
つくばスタイル満喫プレゼント
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS