1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. ショッピング・グルメ
  4. もっと気軽に、おいしいステーキを日常に!「ステーキ食堂 肉の番人」
つくばスタイルBlog

もっと気軽に、おいしいステーキを日常に!「ステーキ食堂 肉の番人」

つくばスタイル特派員 TAKAKO - 2019年09月17日11:00

こんにちは、つくスタ特派員のTAKAKOです。

 

朝夕の涼しさに秋の到来を感じる今日この頃。秋と言えば…やっぱり食欲の秋ですよね^^

今回は、お肉が大好きな小5の息子が「並んででも食べに行きたい!」というステーキ屋さんをご紹介したいと思います。

お肉好きの方、必見ですよ(^^)v

 

 

評判の飲食店が集まっているつくば市筑穂で、育ち盛り、働き盛りの男性はもちろん、子どもから年配のご婦人まで、幅広い世代に人気のステーキ店があります。

その名も「ステーキ食堂 肉の番人」。

 

空前のステーキブームと言われる昨今ですが、まだまだ「ステーキなんて特別な日に食べるもの」という印象がありませんか?

ステーキ食べたい!と、ハンバーグ食べたい!は、なかなか同じには考えられない敷居の高さがあるのが残念ですよね(^_^;)

 

そんな中、こちらの「ステーキ食堂 肉の番人」は、食堂と名付けられているようにお箸で気軽にステーキを食べられるお店として昨夏にオープン☆メニューは、親しみある “定食” スタイルで提供されるのですが、手間暇をかけて提供される赤身肉のおいしさが評判で、今や昼時ともなると行列ができる人気店となりました。

 

 

店内は、テーブル席が3卓と、お肉を焼く様子を目の前で見られるカウンター席が10席。

幼児用のハイチェアもあるので、小さな子どもでもカウンター席を利用できるのが嬉しいですね^^

 

また、ステーキ店でよく使われる鉄板ではなく、普通のお皿で提供されるのでやけどの心配もありません。

鉄板のお皿を使うと、赤身肉では余計な熱が入ってしまい、パサついてしまったり旨みを損なう恐れがあるんだそう。

 

お皿で食べられるので食事中の油ハネを心配することもなく、より気楽にステーキを楽しむことができるんです。

 

 

提供されるメニューは、ステーキ定食と生姜焼き定食の2種類。

メニューの数が多くないからこそ、そこにかけられるこだわりがあります。

 

ステーキは、熟成肉やA-5ランク等の高級食材には頼らず、アメリカ産の希少な赤身肉を使用。1頭からたった2kgしか取れない「さがり」という部位から、手作業で筋や脂身などを丁寧に取り除き、脂身の少ない柔らかいお肉に仕上げているところがおいしさの秘密なんだそう☆圧倒的な手間をかけることで、お肉本来のおいしさを引き出しているんですね。

 

温度を一定に保つために厚さが肝心だという鉄板は、25mm厚。その重さはなんと200kgにもなるんだそう。

場所によって温度が違うので、職人の感覚で使い分けながら焼いているんですよ。

 

 

こちらが、一番人気の「番人ステーキ定食(並)」。

一口サイズに切り分けられたステーキは150g。ご飯、味噌汁、サラダ付きで税込み1000円未満(夜も同価格)というから驚きですよね!

 

焼き加減は6段階あり、人気はミディアムレア。

一口頬張ると…その柔らかさ、そのジューシーさに感動…。

年配の方もいらっしゃるというのも納得の柔らかさで、脂っこくないのでパクパクといただけるんです。

 

150gと聞くとちょっと少ないかな?と感じるかもしれませんが、余計な脂身を取っておいしい部分だけを残しているので、余すところなくいただけ、食いしん坊特派員も大満足の量でした。また、ワンコインで “追い肉” と呼ばれるお肉の追加もできるんですよ☆

 

 

塩・胡椒の他に、自家製ステーキ用タレが4種類あり、これも人気の一つ。

野菜をふんだんに使い3日間かけて作られたタレは、甘さと辛さの割合がちょうど良く、どれも白いご飯によく合うんです( *´艸`)

 

 

ご飯といえば、「肉の番人」で使用しているお米は、特派員も大好きなブランド米「小田北条米」。

柔らかいお肉とのバランスをとるために、少し硬めに、しっかりとした粒のご飯に炊き上げています。

このお米のおいしさを存分に味わってもらうために、ご飯は大盛り無料というのも嬉しいサービスですね!

 

 

“肉の番人” と言えるほどに、手間暇をかけ、自信をもっておいしいお肉を提供できる店であること。

そして、誰でも気軽にステーキを食べられる 、“万人” においしいと思ってもらえる店でありたいと語るのは、この道20年以上という店主の小林大輔さん(写真左から2番目)。

 

都内から縁あってつくばへやって来た小林さんですが、つくばでの今があるのは、この街に住む人たちの支えがあったからこそと地域の方々への感謝も忘れません。

 

同じビルで、同じく行列のできる人気油そば店を営む「油虎」のお二人と(写真両端)、“ここに来れば何かがある” と思ってもらえるような店づくりをこれからもしていきたいと、少し照れながら満面の笑顔で特派員に語る姿がとっても素敵でした。

 

以上、ステーキを食べて早くも食欲の秋全開となっている、特派員TAKAKOのレポートでお送りしました(^^)v

 

【ステーキ食堂 肉の番人】

つくば市筑穂1-1-13

営業時間:11:30-14:30 (L.O.14:20) 17:30-22:00 (L.O.21:50) 

※食材がなくなり次第終了

定休日:水曜日

駐車場有

詳細は公式twitterをご覧ください


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。

アクセスMAP

つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
つくばスタイル満喫プレゼント
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS