1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. おすすめスポット
  4. 大人も童心に!ホテルレイクサイドつくばのプール!
つくばスタイルBlog

大人も童心に!ホテルレイクサイドつくばのプール!

つくばスタイル特派員 ヤギッチ - 2015年08月17日16:00

どーも、ヤギッチです♪

 

夏休みも終盤に差し掛かり、姪っ子が実家を離れるまであとわずか…。

という訳で今回も、おばバカblogです♪

今回はホテルレイクサイドつくばに向かいました!

 

ホテルレイクサイドつくばは、常磐自動車道谷田部インターチェンジから車で約15分の距離にあるホテル。

車で30分圏内に、つくば研究学園都市はもちろん、日本一背の高い牛久大仏、日本初の本格的ワイン醸造場シャトーカミヤなどがあり、観光に最適^^

河童伝説がある牛久沼ののどかな眺望を楽しめ、テニスコートやゴルフ練習場なども完備している、つくばエリアでも人気のホテルです♪

 

源泉かけ流しの露天風呂は気持ちが癒やされるだけでなく、お肌がスベスベになって美肌効果がある!と好評。

観光でこのホテルに宿泊する方はもちろん、ホテルを楽しむために宿泊される方も多くいます。

 

そして夏のプールも、このホテルの魅力の一つ!

 

1508hotellakeside1

 

夏はここのプールに入りに、他県から宿泊される家族連れもいるようです^^

ちなみに宿泊客でプールを利用する方へは浮き輪の貸し出しもあるとのこと。

…あと、宿泊されたお子さんにはカブトムシのプレゼントもあるそうですよ♪

 

地元の人や宿泊客で賑わっているとは言え、駐車場も広々としているので並ばずに止められたし、プールは浮き輪でぷかぷか浮いている大人や、潜ってバシャバシャ泳ぐ子どもたち…スペースは十分です^^

 

1508hotellakeside2

 

まず、例のビニール亀さん2匹を連れ、幼児用の浅いプールに。

姪っ子の腰辺りまでの水深…彼女にとっては今までで一番深いプール!

最初はおっかなびっくりでしたが、亀さんの首をギュッと握り締め、プールをぐるっと一周歩くと、「楽しい!」と言うようになりました^^

 

ちなみに背景に見えるのは全長100mのウォータースライダー。

妹は「これ、やりたいな…」と言っていましたが、姪っ子がまだまだ幼児用プールを楽しみたいと主張したので断念。

 

幼児用プールをぐるぐる歩き続ける姪っ子…このままでは、永遠に幼児用プールで歩くことになってしまう…大人も楽しみたい…。

中央の噴水で亀さんを滝行させようとした姪っ子を止め、全長139mの流水プールへ向かいました!

 

1508hotellakeside3

 

こちらは大人の腰くらいの深さ…当然、姪っ子では足が届かない水深。

流れるプールだし、亀2匹を連れて行くわけにはいかない…。

「亀さんはここでお留守番だよ」と亀がいなくなり、姪っ子は心細くなった様子。ひしっ!と母親にしがみつきながらの入水でした^^

 

1508hotellakeside4

 

しかし母親と一緒で安心したのかすぐに慣れ、プカプカと浮き始めました。

あとは流れにのって、スーイスイ!

あっという間に一周すると「もう1回!」とリクエスト^^

 

姪っ子に「足をバタバタすると、早く前に進むよ」とアドバイスすると、バタ足を始めました。泳げるともっと楽しめるようになるぞ、姪っ子よ!

 

結局、5周しました。…ということは、695mを泳いだということ。

流れるプールとは言え、結構な距離です。

 

水から上がっても、名残惜しそうにプールを眺めていた姪っ子は「楽しかったねぇ」と呟きました。

おばちゃん、その一言で大満足♪ 来年は、海デビューだな!?

 

以上、去年着ていた水着がパンパンで衝撃だったヤギッチがお送りしました…


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS