1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. エンターテイメント
  4. 宇宙兄弟をめぐる旅~JAXA筑波宇宙センター編~
つくばスタイルBlog

宇宙兄弟をめぐる旅~JAXA筑波宇宙センター編~

つくばスタイル特派員 ヤギッチ - 2013年04月18日16:05

こんにちは♪ 宇宙兄弟にはまっているヤギッチです^^

 

前回の「宇宙兄弟をめぐる旅~つくばエキスポセンター編~」に続き、今回はJAXA筑波宇宙センターに足を運んでみました♪

 

1304JAXA1

 

JAXA筑波宇宙センターは宇宙兄弟の作中、主人公の南波六太が宇宙飛行士になるための試験を受ける重要な場所。
コミックの中でJAXA筑波宇宙センターの景色が描き込まれているのはもちろん、宇宙兄弟の映画版でも小栗旬さんによるロケが行われました。

 

JAXA筑波宇宙センターでは事前予約制で無料の見学ツアーを行っていますが、今回は衝動的に来てしまったのでいつでも楽しめる展示館を見学。

 

早速、「プラネットキューブ」を見学。
こちらにはミュージアムショップがあって、宇宙食などJAXAならではのお土産が購入できます。
宇宙兄弟のグッズもたくさん売っていますが、中でも私の目にとまったのは「パズル」。

 

1304JAXA2

 

このパズルは絵柄がなく、ただ単なる白一色のパズル。
「完成して何になる?」と思うことでしょう。それこそがこのパズルの大事なところ。
宇宙飛行士になるための忍耐力や集中力が試されているのです!

 

宇宙兄弟の作中でも、宇宙飛行士選抜試験の際ミッションとして与えられていました。
漫画だけの話かと思ったら、実際の宇宙飛行士選抜試験にも使われたとのこと!
宇宙飛行士選抜試験の気分を味わいたくて、購入^^

 

次に向かったのが、展示館「スペースドーム」。
JAXAがどんな取り組みをしているのかを知ることができます。

 

また「気象衛星 ひまわり」などの人工衛星が実物大で展示されています。

その中でも注目すべきは、ISSの実験棟「きぼう」日本実験棟のレプリカ。
宇宙兄弟の中でも、主人公の心を射止めた伊藤せりかという女医が、ISSの「きぼう」日本実験棟で医療の研究に携わりたいと宇宙飛行士訓練試験を受験します。

 

1304JAXA3

 

ISSとは、地上から400km上空にある宇宙開発のための研究施設。アメリカ、ロシア、日本など世界15カ国が共同してさまざまな実験を行っています。
日本の作った「きぼう」日本実験棟は、ISSの中でも最大の実験棟。そして船外で電力や排熱ができるISS唯一の実験棟でもあるそうです。
宇宙機開発の中で重要な施設が日本の作ったもの…嬉しいことですね♪

 

スペースドームでは、その「きぼう」の船内をじっくり見ることができます!
無重力で上下の概念がない宇宙空間。船内のデザインで「上と下」を作ることによって生活する人の視覚と平衡感覚を保ち、ストレスを軽減するそうです。

 

1304JAXA4

 

日本ならではのきめ細やかさが「きぼう」にはあります。
「きぼう」日本実験棟の空調機器は、他の国の施設と比べてとても静かなのだとか。

また、写真の奥に2つある丸い「窓」。
ロボットアームの操作を確認するために作った「窓」は、密室にずっといなければならない宇宙飛行士にとって、癒やしの空間。
静かで外の景色を見ることができるなど、精神的な面にも気配りをしている「きぼう」日本実験棟は、宇宙飛行士間でも人気があるようです(^^)

 

ざっくりとご紹介しましたが、宇宙兄弟をめぐるつくば旅、とても楽しめました♪
次にJAXA筑波宇宙センターに来るときは事前予約をして見学ツアーに参加してみようと思います^^

 

またJAXA筑波宇宙センターでは、2013年4月20日に施設を一般公開します。
普段は見ることのできない施設を見ることができますよ!
こちらも楽しみ♪

 

以上、白いパズルが完成しないヤギッチがお送りしました♪

 

JAXA 筑波宇宙センター】 
住所:茨城県つくば市千現2-1-1


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS