1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. つくばの四季
  4. 桜前線を追って~泉子育観音・慶龍寺から北条大池へ~
つくばスタイルBlog

桜前線を追って~泉子育観音・慶龍寺から北条大池へ~

つくばスタイル特派員 TAKAKO - 2020年04月06日11:00

———————–
※当記事は3月に取材したものです。
現在つくばエリアでは4月10まで平日夜間の外出自粛要請が出ております。
———————–

 

皆さん、こんにちは!これまで購入したフィットネスグッズは全て三日坊主に終わっている特派員TAKAKOです(^-^;

 

そんな私でも唯一続けているのが、運動不足解消のための散歩。

春のつくばエリアではそこかしこに心癒やされる桜の風景が見られるので、知らず知らずのうちに歩数計のカウントが増えるんですよね^^

 

今年は暖冬の影響でつくば中心部の桜は既に散り始めていますが、そんな桜前線を追いかけながら散策に出掛けてみました。

 

 

最初に訪れたのは、TXつくば駅から北へ12キロ程、つくば市泉にある慶龍寺です。

 

慶龍寺の本尊は、子どもの成長を祈願して弘法大師が手ずから掘った秘仏とのこと。安産祈願や子どもの健やかな成長を願う虫封じ祈願などで「泉の子育て観音」として地域の人から慕われています。

 

花曇りの一日でしたが(3/30)、鐘楼堂の朱色とちょうど満開となったソメイヨシノの桜色とのコントラストが素晴らしかったです。

 

 

慶龍寺は境内に咲く四季折々の花の美しさも評判で、中でも大きな枝垂れ桜が圧巻の美しさです。

 

今年はもうだいぶ散ってしまいましたが、苔のむした地面に桜の花びらが舞い落ちる様子もまた風情のあるものでした。

 

 

 

次に訪れたのは、慶龍寺から東へ3キロほど足をのばした北条地区。

北条は日本の道100選にも選ばれている「つくば道」の入り口であり、「北条大池」は桜の名所としても有名。

 

つくばでも北に位置するこの北条地区の桜は、この日はまだ八分から九分咲きといったところ。

水面にうつる桜にも思わずうっとりです(*”▽”)

 

 

 

北条大池周辺には国の史跡に指定されている「平沢官衙(かんが)遺跡」もあり、歴史のロマンを感じさせる散策スポットとなっています。

 

眼前の桜だけでなく、山頂にうっすらと雪が残る筑波山、そして筑波山連山を彩る山桜の風景に日本の里山の美しさをあらためて感じることができました。

 

 

北条地区の桜の絶景ポイントと言えば、こちらの「つくば霞ヶ浦りんりんロード」も外せません。

 

「つくば霞ヶ浦りんりんロード」は旧筑波鉄道の廃線敷と霞ヶ浦を周回する湖岸道路を合わせた、自転車・歩行者専用道路を含む全長180キロのサイクリングロード☆

この季節は桜のトンネルを楽しむこともできるんですね。

 

 

サイエンスシティでありながら、少し足を伸ばせばこうして里山の春を楽しむことができるつくばエリア。

 

今年は皆で楽しくお花見というわけにはいきませんが、自然の織りなす風景はどんなときも人の心を癒やしてくれますね。

以上、つくスタ特派員TAKAKOのレポートでお伝えしました。


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS