1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. つくばスタイル
  4. 梅の香り漂う春の公園巡り
つくばスタイルBlog

梅の香り漂う春の公園巡り

つくばスタイル特派員 しらゆき - 2020年02月21日11:00

みなさん、こんにちは。つくばスタイル特派員のしらゆきです。

 

前回のブログで、「筑波山梅まつり」開催前の筑波山梅林の様子をお伝えしました。つくば市内の梅の木もたくさんの花をつけ、春の訪れを感じることができますよ。

 

つくば市内にある梅園エリアでちょうど見頃を迎えた梅の花を楽しもうと、赤塚公園から梅園公園、そしてその先の梅の木通りを散策してきました。

 

 

スタートは、国道354号線沿いのつくば市稲荷前にある赤塚公園です。自然のアカマツ林を活かした茨城県営の公園で、国道に面しているとは思えないほど静か。高い木々からは小鳥のさえずりが聞こえ、心が落ち着きます。

 

約8万6千㎡と広々とした園内は、水辺、小高い丘、芝生広場、花のエリアとさまざまな要素がひとつにまとまっています。 梅の木があるエリアには、紅や白の花をつけた梅の木が大きな枝を広げていました。

 

ベンチで読書をしたり、園内を散歩したりと多くの市民に愛される憩いの場となっており、北と南の2カ所に無料駐車場があるのも気軽に訪れることのできる嬉しいポイントです。

 

また、ここはつくば市内を南北に走る 自転車歩行者専用道路 「つくば公園通り」の南の端。つくばの中心地を約48キロにもわたって結ぶこの道を自転車やジョギングで通る方も多く見られました。

 

 

赤塚公園から歩いて10分ほどの場所にある梅園公園は、その名の通り梅林が見事な公園です。広さは2万㎡ほどで芝生広場や小高い丘、梅林があります。

 

閑静な住宅地の中にありながら、連なる梅の花が華やかな空間を作り出し、つくば市内でも有数の梅の名所です。

 

公園内にある緩やかな勾配のある遊歩道を進むと、梅の木が両側から迫るように見事な花を咲かせていました。紅と白の花の色が重なりあい、青空に映えます。まるで桜のように淡いピンク色の梅の花もあり、思わずうっとり。

その美しさを写真に残そうと多くの方がカメラやスマートフォンを向けていました。

 

 

赤塚公園から梅園公園へ行く歩道沿いは”梅並木”のようになっており、花を可憐に咲かせていました。

 

この日は日差しはたっぷり降り注ぎ暖かい一日でしたが時折吹く強い風が枝を揺らし、白い花びらでいっぱいの歩道はまるで白いじゅうたんのよう。梅の香りが漂い、風に花びらが舞う様子は何とも風情ある光景です。

 

梅並木の下ではベビーカーでお子さんと散歩する方やウオーキングを楽しむ方など、みなさんが思い思いにしっとりとした佇まいの梅の花を堪能していました。

 

 

梅園公園から少し足を延ばすと、つくば市並木に「梅の木通り」と呼ばれる道があります。

大角豆(ささぎ)北交差点から県道201号線まで車道に沿って梅の木が植えられています。 車窓から連なる梅の花を楽しめますよ。

 

ここの一方の歩道は芝生になっており、梅の花を鑑賞するのに雰囲気もぴったり。散歩ついでにゆっくりと歩いて梅の花を愛でるのもいいですね。

 

 

心華やぐ本格的な春の到来が近いつくばエリア。

春の訪れを感じる梅の香りに誘われて、優雅なひとときを楽しめる梅の花の咲く公園めぐりに出かけてみませんか。

 

以上しらゆきがお届けしました。

 

■赤塚公園

所在地 つくば市稲荷前11番地

 

■梅園公園

所在地 つくば市梅園二丁目29番地


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。

アクセスMAP

つくばエリア見学モデルコース
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS