1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. ショッピング・グルメ
  4. 年越しの支度を整えて「flower shop sumire no tane」
つくばスタイルBlog

年越しの支度を整えて「flower shop sumire no tane」

つくばスタイル特派員 しらゆき - 2019年12月27日11:00

みなさん、こんにちは。つくばスタイル特派員のしらゆきです。

 

早いもので2019年が終わろうとしています。毎年この時期になると、大掃除や年賀状の準備に追われ、気づけばもう大晦日…なんてことも。

 

令和になって初めての年越しである今回は早めの準備を心掛けようと思っていた矢先、インスタグラムで気になるお正月飾りを見つけました♪

 

今回は、素敵なドライフラワーを使ったリースやオーガニックのハーブ苗を扱う「flower shop sumire no tane」を紹介します。

 

 

 “”ハーブ”とは一般的に“日々の暮らしに役立つ香りのある植物”のことで、その歴史は古く、古代から使われていたのだとか。今でも料理のアクセントや香りづけに使用したり、薬や防虫など私たちの暮らしに役立っています。

 

そんなハーブの苗やドライフラワーなどをイベント会場やつくば市近郊のカフェで販売している「 flower shop   sumire no tane」 の松田さん。8年ほど前からこのスタイルで営業をしています。

 

 「sumire no tane」という店名は、スミレの花に囲まれた祖母の庭を見て育った松田さんがオーガニック栽培を始めたときに最初に蒔いたのがスミレの一種ビオラの種だったことから。幼少時代の記憶に新たに一歩を踏み出したときの思いを重ね合わせた、思い出深い花の名前です。 

 

 

元々フラワーショップで働いていた松田さんですが、美しく咲かせるためにたくさんの薬品に囲まれた花々と向き合ううちに「草花本来の姿とは?」と考えるように。それから自然な形で草花を育ててみたいと思い立ち、ハーブの苗を農薬や除草剤などを使用しないで育てるオーガニック栽培を始めたのだそう。

 

有機肥料を用いるなど土からこだわり、除草作業に手間はかかりますが、オーガニック栽培のハーブは温室で育ったものよりも暑さ寒さに強いといいます。

 

 

現在はつくば市内の自宅の畑で40種類ほどのハーブや花の苗を育て、その苗を販売したり、食用としてレストランに納品しています。丹精込めて丁寧にオーガニックで育てたハーブは味も格別で、重宝されているのだそう。

 

「つくいち」などのつくば市近郊のイベントに出店している他、つくば市内にあるカフェで週に一回、守谷市百合ケ丘にある「Knot  coffee」前のテラスで月に一回販売を行っています。真夏と冬場は販売を休み、春に再開するというサイクルでの営業です。

不定期でリース作り等のワークショップを開催することもあり、毎回すぐに満席になることからもその人気ぶりがうかがえます。

 

「sumire no tane」 が営業する場所のひとつ、守谷市「Knot coffee」での販売日に気になっていたお正月飾りを買いに行ってきました。

 

テラスに広げられたテントの下にセンス良く並べられているリースや苗木たち。グリーンの苗を見ているだけでほっこり癒されます。

この日並んでいた苗は、”ボリジ”や”モナルダ”といった青々とした緑の葉が美しいハーブです。

 

 

この日は朝から天気がよく、次々と来店者が訪れていました。

 

ハーブ苗を迷っていた方には「こちらは日当たりの良い場所がよいですよ」とアドバイスする松田さん。ハーブの苗の育て方や扱い方について気軽に相談できるのがいいですね。 

 

こちらのお二人は「インスタグラムを見て、“お正月飾り”を買いに来たんです」と教えてくれました。加えてオリーブの苗木を購入するかどうか悩んでいましたが、松田さんとの会話を通して買うことを決めたようでした。

 

最近見かけるようになった、花や葉を束ねた“スワッグ”も並んでいました。

 

壁にかけて飾るだけでも絵になるスワッグ。お洒落過ぎてわが家にはハードルが高いと思っていたのですが「インテリアとして部屋に下げるだけで、雰囲気が変わります」と松田さん。ナチュラルな色でまとめられているからこそ、飾る場所を選ばずに部屋に馴染むのかもしれません。

草花に囲まれた空間は、日々の暮らしに潤いを与えてくれそうです。

 

 

素敵に彩られたお正月飾りは、和にも洋にも合う色合いです。飾りのデザインが縦長のものと丸のものとがあり、飾る場所や部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。  上品なセンスはさることながら、 丁寧な手作業のぬくもりがひとつひとつから伝わってくるようで、しばし見とれました。

 

こちらは毎年交換せずとも、色あせたグリーンに新たに葉を足すだけでもぐっと見違るようになるのだとか。お気に入りのものを長く使えるのもうれしいですね。

ビビットな色合いに心がときめき、自宅用に買い求めました。

 

この日の販売をもって 「sumire no tane」 は「Knot coffee」 での営業はしばらく休み、再開は3月ごろを予定しているのだそう。つくばで自然の恵みをたっぷり受けて育ったオーガニックハーブや色とりどりの草花が並ぶ春の営業再開が楽しみですね♪

 

 

帰り路、購入したお正月飾りをどこに飾ろうかわくわくしながら考えて、思い立ったのがこちら。気持ちも新たに清々しいお正月が迎えられそうです。

 

その前に大掃除をして、新年を迎える準備をしなくては…と気合が入ったのでした。

以上しらゆきがお届けしました。  

 

来年も引き続きつくばエリアの旬の情報をお届けしていきます。みなさま、よい年をお迎えください。

 

ーflower shopーsumire no tane

1月から冬期の間、販売はお休みです。

最新情報はインスタグラム等でご確認ください。


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS