1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. イベント
  4. つくばマラソン物語~スタート編~
つくばスタイルBlog

つくばマラソン物語~スタート編~

つくばスタイル特派員 ヤギッチ - 2014年12月05日11:02

どーも、ヤギッチです♪

 

半年ほど前、筑波大学にほど近い場所にできたランニングステーション「flow」に伺いました。
…ランニングついでに寄ったわけではなく、カレーが美味しいと聞いたからです。評判の通り、とても美味しいのでオススメです!

 

1412tsukubamarathon1-1

 

その際、ランナーのオーナーから
「裸足で、つくばマラソンを3時間切ることが目標」

と驚くべき発言が!

 

普段から裸足でつくば市内を走っており、主催するランニングサークルでは、裸足のランナーも多くいるのだとか。
「裸足で走ることで、足に負担のない正しいフォームが身につく」とのこと。
そんな面白い話を聞いて、今年のつくばマラソンはflowを通じて、取材しようと決めました^^

 

つくばマラソン当日、朝7時。
この日flowでは、走る前のエネルギー補給に「玄米おにぎり」「きな粉餅」など特別メニューが用意されていました。

 

開店して間もなく、女性のランナーの姿が。
しかしお店に入って、オーナーの奥様と挨拶するとすぐに駐車している車の中へ。
「昨日、眠れなかったみたいです」と奥様。

 

その女性、後から話を聞いたところ、今回のつくばマラソンがフルで走る2回目。
1回目はペース配分を間違え、体のあちこちが痛くなってしまったのだとか。
「今年は鎮痛剤を携帯して、既にシップも全身に貼ってあります」と意気込みを見せていましたが、同時に「はぁ…」と緊張のため息も^^

 

1412tsukubamarathon1-2

 

「おはようございまーす」と店内に入ってきたのは、20代男性。
足元が、まるでビーチサンダル!
こちらのシューズ、flowでも販売している「BEDROCK」です。

BEDROCKは2011年アメリカで、ランニング・ハイキング用に小さなサンダルが欲しいと作られ、水陸両用でアウトドアやトレイルランなどにも活用されています。
flowでは、いきなり裸足ランをすると怪我をする恐れがあると、BEDROCKで足やフォームを慣らすことを推奨しています。

男性は「僕は外反母趾なので、シューズ履くとあたってしまって…これで走った方が気持ち良いんですよね」とおっしゃっていました。

 

この男性、なんと前々日の夜に出場することが決まったらしく
「ここ3カ月、一切走っていません。それでフル出るんですよ。おかしいですよね(笑)」
なぜ、出場を?と尋ねると
「オーナーが出たら?って、すごい勧めてきたんですよ。出たら?というよりも『出ろ!』って感じでしたけど(笑)」

 

すると、そのオーナーが来店。
「裸足でつくばマラソン」と言っていたオーナーですが、足を骨折してしまい、今年は裸足で走ることを断念。ランニングシューズを購入し、今回はそれで出場するとのこと。
…ちなみに、足の具合は?と聞くと「まだ完全じゃないんですが、大丈夫です!」と返答が^^;
それでも目標は「当然、3時間切り」。

 

次にflowに訪れたのは、flowの店長。親子で参加し、店長がフルマラソン、お父さんが10kmに出場予定。
ちなみに店長もBEDROCKで走る!など雑談していると

「BEDROCK、親父の車に忘れた!!うわーっ!」

 

…店長の足元を見るとクロックス(笑)
「そのままクロックスで走るか、裸足で走るかだな」とオーナーに冷やかされていましたが、数分後ちゃんとお父さんが届けてくれました^^

 

1412tsukubamarathon1-3

 

つくばマラソンは、フルマラソンと10kmマラソンの2コース用意されています。
都心からのアクセスも良好、つくばならではのフラットなコース、毎年なぜか晴れる…などの理由から、記録が出やすく、初心者の方でも参加できると、年々、応募数が多くなり、今では応募開始からあっという間に締め切りになる人気の大会に。
今年もフルマラソンにおよそ1万3000人、10kmコースにおよそ3000人が全国各地から参加しました。

スタート1時間前に会場に着いたのですが、応援なども含め、とてもたくさんの人が来ていて、熱気がすごかったです^^

 

1412tsukubamarathon1-4

 

開会式ではお笑いコンビ・デンジャラスのノッチもゲストランナーとして招かれていましたよ^^
持ちネタ、オバマ大統領で「Yes!We RUN!」と言って会場を沸かせていました。

 

1412tsukubamarathon1-5

 

フルマラソンが9時半、10kmは10時にスタート!
後方のランナーがスタートをきるのが、先頭ランナーがスタートしたおよそ10分後。
その間、ずーっと目の前を、人が走っているんです。

写真を撮影するのも怖いほどの、人、人、人…まるで羊の群れ…
すごい迫力でした♪

 

1412tsukubamarathon1-6

 

flowに来た人たちを、撮影しなきゃ!と思ったのですが、この群衆の中で見つけることは非常に困難。しかし、辛うじて店長を発見!
ちゃんとBEDROCKを履いています!
急いで撮影しましたが、後ろ姿しか捉えることができませんでした…^^;

 

人の流れがが収まると、沿道から「…あれ、何のキャラクター?」という声が。
都内のランニングサークルの方に「あれはフックン船長という、つくば市のキャラクターです」と声をかけると、「つくばマラソンに来た記念に」とスタート地点で撮影!

 

茨城県外からもたくさんの人が参加するつくばマラソン。
多くの方に、いろんな形でつくばを満喫してもらえると嬉しいですね♪

 

さて、flowの4人はどんなレースを繰り広げたのでしょうか…。
次回、ご紹介させていただきます♪

 

以上、200m走っただけで「オエッ!」となってしまうヤギッチがお送りしました♪


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイル プレゼント
つくばエリア見学モデルコース
つくばスタイルインタビュー
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS