1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. つくばスタイル
  4. 中学時代の経験がつくばの生活で活きていること。
つくばスタイルBlog

中学時代の経験がつくばの生活で活きていること。

染谷悟 - 2009年03月27日13:45

こんにちは。染谷です。
大手の就活が4月から始まることもあり
エントリーシートの提出が多く
あまり取材に行けていない状況ですので
本日は、今の私のつくばスタイルをつくったキッカケとなる
「中学生時代の思い出」を振り返ってみたいと思います。
私は小学校6年生の2学期~中学校2年生の終わりまで
父親の仕事の関係でアメリカのニューヨークに滞在していました。
学校はニュー・ヨーク日本人学校に通い、いわゆる
日本人のエリートのお子さん達と一緒に勉学に励みました。
http://www.gwjs.org/index.php
当時は周りの仲間に負けないよう、必死に勉強をこなしながら
昼休みは友達とバスケをやったり、休み時間には他愛も無い話をしたり。
学校の行き帰りに乗るバスの中でも、毎日遊び回る生活でした(笑)
英語や美術の時間は英語オンリーの生活でしたし
買い物に行ったり、美術館に行く時はもちろん英語で生活しなければ
なりませんから、ばりばり英語力が上がっていたと思います。
今回はそんな生活の中で今の自分の価値観をつくった
印象的な出来事を1つ紹介します。
(ネタが無い時に他のもお話できればと思います。)
★理科の先生が教えてくれた「+α」
日本人学校の先生は結構優秀な先生が多くて
個性的な方が多いです。
社会のボブ(本名:岡村先生)
技術のガブ(本名:村上先生)
英語のMrs.Nitta(本名:新田先生)
をはじめとして、実に色んな先生がいました。
今回紹介するのは理科のM先生です。
M先生は実は日本人学校の副校長先生だったのですが
ある時期だけ理科の授業を受け持つことになりました。
M先生は、上に挙げた先生方に比べると
平凡な印象の先生でしたが、ある授業の時に
M先生に言われた一言が、私は今も忘れられません。
「君たちは、テストで100点を取るために勉強しているかもしれないが
私たちの時代は違った。私たちが大学で学んでいた時は
テストの表(おもて)で100点を取るのは当たり前だった。
勝負はテストの裏だった。表は先生から教えられることを書くが
裏は生徒が自分で勉強したことを自由に記述する。
それを先生が100点満点で採点し、表裏合計200点で競っていた。
まだまだ君らは小さい世界で生きている。社会では常に
テストの裏が求められる。」
実はこの言葉が今の自分の価値観をつくっています。
私はそれ以来、注意されない限り、テストの表が解き終わると
時間内に裏が黒くなるくらい、テストの内容より1段高度な内容を
テストの裏に書く癖をつけました。一部の先生はそれを採点もしてくれました。
(もちろん成績には考慮されませんが)
これはアメリカにいた時も日本に帰ってからも変わりません。
「教えられた内容をこなすこと」は、「努力すれば誰でもできること」に
私は気付きました。「+α」をつくっていくことにこそひとりひとりの
価値観・個性が反映されるし、価値があると思うのです。
そして、それをきちんと表現するには、「教えられたこと以上を学んだり
考えたりする過程」が必要であり、それを「形にする」ことが難しいことを
同時に知ったのです。
私はそれから、学校で習った勉強内容を資料集や兄の参考書で
更に深める癖をつけました。
つくばは人や知識や自然などの資源に溢れた街です。
しかし、東京のようにどこかの繁華街にいれば
漫然としていても刺激を受けられる環境ではありません。
自分から毎日の生活+αを求める中で
面白い人に出会えたり
新しいことを知れたり
ビル一つない大きな青空を見上げたり
できる場所なのです。
大学生活でも私は常に「+α」を求めて人とつながり
成長してきましたし、今このつくばスタイルブログの記者の
仕事を通じても常に「+α」を求めています。
「+α」を求める生活は、ただ漫然と生活するより
大変な時もありますが、「とっても学びの多い楽しい生活」
だと思っています。
ぜひ、みなさんも
今ある生活
つくばでの生活にも
あなたなりの「+α」を
見つけてみませんか?
それがきっと「あなたのつくばスタイル」だと思います。
<文責:染谷>


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばエリア見学モデルコース
つくばスタイルインタビュー
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS