1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. おすすめスポット
  4. バスと歩きで筑波山へ
つくばスタイルBlog

バスと歩きで筑波山へ

さちぼん - 2008年12月15日09:45

081210_084107 大学景色
気づけば師走も半ばにかかってきました。さちぼんです。
筑波大学のキャンパス内は、樹が多く、というより
樹ばっかりなんですが、けやきもいちょうも葉っぱが落ちてだいぶ
冬らしくなってきました。
そんな中、やっと葉っぱが色づき始める樹もあります。
写真は「フウ」の樹。
081210_084208.JPG
さて、先月の末、友だちと筑波山へ行ってきました。
DSC04634.JPG
DSC04609.JPG
つくば駅まで自転車、そこから直行筑波山シャトルバスで700円、
40分で筑波山神社の入り口に到着しました。
筑波山って何があるんだろう、と思っていましたが、
予想以上に人が多く、観光地っぽい様子もあります。
早速神社の方に歩き出すと、トトロが住んでるんじゃないかと疑う、
大きな樹に出逢いました。
DSC04611.JPG
あまりの大きさに感動したので抱きついてみると、
わりと背が高い私でも、手を広げておよそ7人分…
7人で手をつなげばやっと樹を囲めるかなといった具合です。
過去から続く筑波山の歴史を感じました。
筑波山神社へ着くと、「がまの油」の口上をやっていたり、
DSC04618.JPG
色々見ているうちに、寺や神社が好きな友だちと私は、
午前中を丸々筑波山神社で
過ごしてしまったことに気づきました。
名物だという「つくばうどん」に魅了され、
きれいな紅葉を見ながら食休み。
DSC04619.JPG
DSC04615.JPG
つくばうどんは、
 つくね
 黒野菜(ごぼう、しいたけなど)
 バラ肉
が入っており、その頭文字で「つくば」なのだそうで、
全原材料が地元産だということです。日本は小麦粉の自給率が低く、
たしか14%ほどだったと思うので、小麦粉も地元産というのにも
驚きました。麺にはレンコンパウダーも入ってるとのことです。
茨城は偉大だ。
午後は、実験的に運行されていた周遊バスに乗ってフラフラ。
降り立ったのは「普門寺」。門の感じ、道の感じが、
とてもきれいでした。
DSC04635.JPG
お茶をするスペースまで設けられていて、
もてなされてる気分がしました。
その後もバスに乗り、北条商店街へ。
岩崎屋というお店では、
北条米が原料となっているアイスクリーム、
「マイ(米)スクリーム」をいただきました。
実はこれには筑波大生も関わっていて、
筑波大学のスタッフの方がいました。
またマイスクリームを食べにお邪魔したいです。
じきに日も暮れ、歩き回った心地よい疲れが足を襲いました。
帰りのバスの中はうとうと…。(-_-)zz
北条のあたりは、神社やお寺がいっぱいあって
(歩ける距離に少なくとも4つはある!)、
まだまだ散策し足りない気持ちで今回の旅を終えてしまいました。
次回は自転車で行ってみようかと、友だちと話をしました。
季節によってもきっと違う魅力がある筑波山…
いい旅でした。
<文責:さちぼん>


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS