1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. ショッピング・グルメ
  4. センスとアイデアが光るつくばのカフェ「Vegan Cafe There There」
つくばスタイルBlog

センスとアイデアが光るつくばのカフェ「Vegan Cafe There There」

つくばスタイル特派員 みっきぃ - 2018年09月14日11:00

こんにちは、みっきぃです♪夏の強い日差しが和らぎ、ドライブが気持ちいい季節になってきましたね~。

 

つくばエリアを走っていると、色づき始めた街路樹に季節の変化を感じたり、新しいお店を発見したり♪そんなワクワクが日々のちょっとした楽しみでもあります^^

 

今回は、つくばでドライブをしていて見つけた「Vegan Cafe There There」をご紹介したいと思います♪

 

 

お店があるのはTX研究学園駅から車で5分ほど、徒歩圏内には「Rupo」や「MeeToco」などのショッピングスポットが建ち並びにぎわいを見せる学園の森エリア。

 

凛とした存在感を放つ建物の1階、アンティークの扉に手をかけ中へ入ると、テーブルや椅子などシャビーシックなインテリアで統一されたセンスの光る空間が広がります。

 

 

都内暮らしが長かったという店主さん。お店を持つならお客さんがゆっくりできる広さにしたいと土地を探したどり着いたのがつくばだったそう。大きくとった窓からはたっぷりの日差しが降り注ぎ、気持ちのいい時間が流れます。

 

そんな居心地抜群の空間では、5種類のデリを味わえるプレートランチをはじめ数種類の食事メニューとマフィンなどのスイーツを提供。店名からも分かる通り、卵や乳製品を含む動物性食品を使わずに作られたビーガン料理が楽しめます。

 

 

化学調味料や添加物、白砂糖を使わずに作られているから、身体にも優しい♪素材それぞれの旨味がしっかりと引き出され、「鰹だしを使わなくてもこの深みが出るの!?」と驚きながら、とっても美味しく頂きました(○´ڡ`○)

 

また、ある日のティータイムにはお子さん連れで訪れている方も。安心できるおいしさに家族の笑顔もこぼれていました^^

 

 

「植物性の食材を使った料理のおいしさをいろんな人に知ってほしい」とカフェをオープンした店主がビーガンの文化と出合ったのは、留学先のイギリス。

 

ビーガン発祥の地の同国では、多様なライフスタイルの一つとしてその文化が人々の暮らしに浸透しており、趣向を凝らした料理や専門店もたくさん。例えばハンバーガーひとつとっても、日本でよく知られる大豆ミート以外にもさまざまな食材を使ったパテの味わいを楽しむことができたそう。

 

「どうやってこの味わいを出しているんだろう」そんな探究心に火が付き、アイデア次第で如何様にもおいしさを追求できるビーガンの世界に魅了されていったと言います。

 

 

「ビーガンの方はもちろん、野菜を食べたい、スーパーフードで栄養のある食事をとりたい方やカフェでゆっくりしたい方など、皆さんにとって気軽に立ち寄れる場所になっていきたい」と頬を緩める店主。

 

またひとつ、つくばでお気に入りの場所を見つけて週末の楽しみが増えたみっきぃでしたᕕ( ᐛ)ᕗ

 

Vegan Cafe There There

茨城県つくば市学園の森3丁目40-11

営業日:毎週金・土曜 11時30分~17時(LO 16時30分)

※営業日はお店のFacebookから確認♪


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
つくばスタイル Instagramフォトコンテスト
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS