1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. おすすめスポット
  4. つくばエキスポセンター「教員のための博物館の日」
つくばスタイルBlog

つくばエキスポセンター「教員のための博物館の日」

つくばスタイル特派員 しらゆき - 2018年08月20日11:00

みなさん、こんにちは。つくばスタイル特派員のしらゆきです。

 

普段訪れている博物館や科学館で、学校の先生を対象とした特別なイベントが開催されているのをご存じでしょうか。

「教員のための博物館の日」では、授業で使えるヒントを見つけられる場所として、全国各地の博物館や科学館で実施されています。

 

そのイベントが、つくば市にある施設でも開催されていると聞き、さっそく取材にお伺いしました。

 

 

今回訪れたのは、TX(つくばエクスプレス)つくば駅から歩くこと約5分。

つくば市吾妻にある「つくばエキスポセンター」です。

 

「つくばエキスポセンター」は、研究機関が集まるつくば市の中心で科学技術を見て、触れて、楽しみながら学べる体験型の施設です。

 

さまざまな体験型展示や科学をテーマにしたわかりやすいイベントなどを楽しむことができます。

なんといっても見どころは、世界最大級のプラネタリウム!25.6メートルもあるドームに広がる美しい星空は、迫力満点です。

お子さん向けから四季折々のものまで、プログラムが豊富なのも魅力のひとつです。

 

その「つくばエキスポセンター」にて、夏休み期間中に開催された特別イベント「教員のための博物館の日」。

館内の学習資源や施設の効果的な利用方法を提案するといった先生を対象としたこのイベントは、昨年に引き続き2回目の開催なのだそう。

 

 

普段の常設展示のほかに、訪れた教育関係者の方向けのプログラムが組まれていました。

 

館内の見どころや授業での活用の仕方を紹介してくれる館内見学ツアーが用意され、学校などで団体利用する場合に役立つ情報を入手することができます。

つくば市内にある研究機関が行っている学校向けの活動のパネル展示など、つくばならではの紹介も。

 

プラネタリウムでは、学習単元を意識したスタッフによる解説が行われ、先生が学習に活かせるようなプログラムが用意されていました。

 

 

科学出前活動の紹介コーナーでは、小中学校などの子どもたちを対象に、科学技術の普及・啓発活動を行う科学出前活動についての展示がありました。

 

移動プラネタリウムや科学の原理をわかりやすく解説してくれるサイエンスショー、科学工作教室など、幅広い内容を展開していることがわかります。

息子が通う小学校でも、体育館でサイエンスショーや移動プラネタリウムが実施されたことがあり、目の前で繰り広げられる実験の数々に多くの児童が夢中になっていたのだそう。

 

 

普段は第1,3,5の土曜・日曜に開催されるサイエンスショー。これがこの日は特別に開催されていました。

 

身近なものをテーマに取り上げ、子どもにもわかりやすく楽しい科学実験を間近で見ることができます。

この日は、「気体の実験ショー」でした。

 

水の入った3本のペットボトルに、それぞれ酸素、窒素、二酸化炭素を入れて蓋をして、振るとどうなるかという実験。

「誰かお手伝いをしてくる人いませんか?」と講師の先生が声をかけると、会場の子どもたちから元気な「はい!」という声があちこちから上がりました。

 

選ばれた3人のお子さんがステージ上でペットボトルを振ると、一つだけにある現象が起こりました!

気体それぞれの性質をわかりやすく説明する実験です。

 

水素と酸素の入った小さな風船に火を近づけるという実験では、「大きな音がしますよ」と講師の先生。

実際に、想像以上の大きな音が会場となったエントランスホールに響き渡りました。

 

会場のみなさんもその音量に驚きを隠せなかったようで、「大きな音だったね!」とびっくりした様子。

気体は普段見えませんが、シャボン玉や火を使って、科学の角度から気体について知ることが出来ました。

 

 

こんな面白いサイエンスショーが学校で見ることが出来たら、子どもたちは大喜びですよね。

科学への興味の第一歩を踏み出すきっかけになるイベントを学校でもどんどん活用してほしいと思いました。

 

 

「つくばエキスポセンター」では、9月2日まで、企画展として「まわる!うごく!からくり動物~アッ!とおどろく歯車パワー~」が開催中です。

 

歯車を使った木のおもちゃがたくさん展示されています。

楽しいしかけがたくさんあるおもちゃ。スイッチを入れると、なめらかに動き出します。

会場にいた子どもたちは「この仕組みはどうなっているの?」と興味津々でした。

 

 

大きなH-Ⅱ型ロケットがそびえ、そのほかにもたくさんの展示がある屋外展示場。

中でも、山崎直子宇宙飛行士と共に宇宙を旅したアサガオの子孫である「宇宙アサガオ」は元気いっぱい♪

夏の代名詞ともいえるアサガオの花が美しく咲き競っていました。

 

ちなみに、開催中のつくば市内の研究機関を巡るスタンプラリー「つくばちびっ子博士」の対象施設でもある「つくばエキスポセンター」。

 

「つくばちびっ子博士」のパスポートを持参した小中学生は、入館料が無料になりますよ。

8月31日までの夏休み期間中は、休館日なしで毎日開館しているのが嬉しいですね。

 

子どもたちが夏休みに突入し、おでかけの予定を考えている方も多いのではないでしょうか。

遠くへ足を延ばす旅行も魅力的ですが、子どもたちの科学への好奇心をかきたてる施設を訪れてみるのもいいものです。

 

館内は冷房も効いていて涼しくて、お子さんから大人まで楽しめますよ。

ぜひこの時期に家族そろって訪れて、新たな発見をしてみてはいかがでしょうか。

 

以上、しらゆきがお届けしました。

 

つくばエキスポセンター

所在地 つくば市吾妻2-9

電話 029-858-1100

開館時間 9時50分~17時(最終入館は16時30分まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)臨時休館あり ※8月31日までは休館日なし

入館料 大人410円 子ども210円(3歳以下は無料)※プラネタリウムは別途


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
つくばスタイル Instagramフォトコンテスト
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS