1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. つくばスタイル
  4. つくば市吉瀬のグルメ巡り~つくば文化郷~
つくばスタイルBlog

つくば市吉瀬のグルメ巡り~つくば文化郷~

つくばスタイル特派員 TAKAKO - 2018年06月06日11:00

皆さん、こんにちは!TAKAKOです。

 

先日レポートさせてもらった、つくば市吉瀬の「食堂三日月」。トレーラーハウスの佇まいが自然豊かな吉瀬の風景に溶け込んでいてとっても素敵だったんですよね♪

実は、吉瀬には他にもおしゃれで美味しいグルメスポットがたくさん!

 

今回もそんな“美味しい吉瀬”にある、特派員おすすめ店をご紹介したいと思います(^_-)

 

 

つくばの中心部から東に3.5キロ。“とかいなか”の魅力あふれる吉瀬で、この地区のシンボル的存在となっているのが国の登録有形文化財でもある「つくば文化郷」です。

この「つくば文化郷」のパンフレットには、吉瀬を代表する多数の飲食店が紹介されており、お散歩マップとしても活用できるんですよ。

 

 

立派な長屋門に思わず圧倒される、「つくば文化郷」の入り口。

中には、食事処となっている母屋「るーらるはうす」や、ゲストハウスとして改装中の離れ、そして以前みっきぃさんがレポートしてくれた「珈琲屋 まめは」などがあり、吉瀬散策では外せないスポットとなっています。

 

 

今回は、その「るーらるはうす」で、金~日曜日限定で手打ちそば屋さんがオープンしていると聞き、やって来た特派員。そばは地元の「常陸秋そば」を使用とのこと!

そよ風にはためくのれんの「そば」の2文字が、大人のグルメ感たっぷりで、心浮き立つ特派員でした。

 

 

100年を超す歴史と、その重厚な造りが趣き深く、ゆったりと時を過ごすことができる「るーらるはうす」。

テラス席もあるので、湧き水が出るという日本庭園を眺めながら過ごすのもおすすめ。

 

そばの他にも、そば粉のシフォンケーキやコーヒーなどもあるので、カフェとしての利用もできるんですよ。

​ ​

 

独特の香り、風味、甘みに優れた「常陸秋そば」。

「るーらるはうす」では、地元の栽培農家から「玄そば」を直接仕入れ、毎朝石臼で挽いてそば粉にしているんだそうです。

 

打ち方は「江戸流手打ち」。

もりそばは、二八そば、田舎そば(粗挽き粉使用、二八)、十割の3種類で、季節の野菜天ぷらも人気です。

特派員は、二八と田舎が半分ずつの「相もりそば」にしてみました!

 

 

透き通っていて、なんてきれいなおそばなんでしょう!

細くてつるんとした食感が食べやすいんです。そして…何より香り豊かで、おいしい!

 

つなぎを入れない十割そばや、「つけ鴨汁」にも興味のある特派員。早くもリピーター決定です( *´艸`)

 

 

また、「るーらるはうす」では、陶芸作品や、オリジナルの手ぬぐい、吉瀬の四季のはがきセットなども販売。

吉瀬の丘の上から見える名峰筑波山は、絵葉書にしたくなる景色なんですよ^^皆さんもぜひ散策してみてくださいね。

 

グルメ巡りのできる吉瀬―。

次回はどこを訪ねてみようか、今から楽しみにしている特派員TAKAKOがお伝えしました♪

 

【つくば文化郷 るーらるはうす 手打ち常陸秋そば】

つくば市吉瀬1679-1 

TEL:029-857-1177

OPEN:金~日 11:30-15:00


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
つくばスタイル Instagramフォトコンテスト
夏休み計画表
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS