1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. おすすめスポット
  4. 絶景!地平線まで続く光の野 ~筑波山ロープウェイ スターダストクルージング~
つくばスタイルBlog

絶景!地平線まで続く光の野 ~筑波山ロープウェイ スターダストクルージング~

つくばスタイル特派員 TAKAKO - 2018年01月24日11:00

皆さん、こんにちは!夜景が好きで、日本3大夜景を見に行ったこともある、ちょっぴりロマンチストな特派員TAKAKOです(#^^#)

 

そんな私が最もおすすめしたい夜景スポット…それは他でもない、筑波山の夜景なんです!

空気の澄みきった冬には、東京、千葉、埼玉と、関東平野が一望できるんですよ。

 

というわけで、今回は我が家初めての「夜の筑波山神社初詣」と、「筑波山ロープウェイ スターダストクルージング」の素晴らしい夜景をレポートさせてくださいね!

 

​​​​

 

筑波山へ来たら、やっぱり外せないのが筑波山神社への参拝。

昼間は大勢の参拝客で賑わっていますが、お正月休みを過ぎたこの時期、夜の境内はとっても静か。

 

車は神社に程近い「筑波山神社駐車場」に停めることができたので、暗い夜道を歩くこともほとんどありませんでした。

 

お参りを終えて振り返れば…夜空に浮かび上がる随神門の姿。

日中に見るのとは少し違う神々しさと力強さに、これぞパワースポット!という感じがしました。

 

 

こちらは境内の奥にある「出世稲荷」。この数年、夫が欠かさずにお参りしているところです^^

一年間、元気に仕事ができますように。今年もそんな思いでお祈りしてきた我が家です。

 

こうして一通りのお参りを済ませたところで、車に戻り、「つつじケ丘ロープウェイ乗り場」へ出発!​

20分弱のドライブでしたが、車内から見える美しい夜景にすでに興奮を隠せない子どもたち。運転手がよそ見をすると危険なので、夫には「見ないで!我慢!」と言いながらの道のりでした(笑)

 

 

到着した「つつじケ丘ロープウェイ乗り場」には、お土産売り場やレストランもあり、買い物を楽しむこともできます。

ロープウェイは20分間隔で運行しているので、待っている間にくるみ味噌だれやしょうゆだれが付いたお団子を食べて腹ごしらえをした子どもたち。とってもおいしかったようです!

 

筑波山は男体山と女体山の2つの峰を持つ山ですが、男体山にはケーブルカーが、女体山にはこのロープウェイがあります。

「スターダストクルージング」実施期間中は小学生以下は無料で乗車することができるのでとってもお得!

 

山の上は寒いので、こちらでブランケットを借りることもできました。

 

 

最大乗車人員71名、傾斜長1296m、高低差298mの筑波山ロープウェイ。

私たちが訪れた20時頃は混雑することもなく、ゆったりと座って乗車することができました☆

 

そして、ロープウェイが上るとともに眼下に美しい夜景が!

 

「つつじケ丘駅」を出発したロープウェイは、約6分で「女体山駅」へ到着です。

 

 

地平線まで続く一面の光…これが女体山駅展望台からの眺めです!

 

気温や湿度が低く、快晴だったこの日は絶好の夜景日和。肉眼でスカイツリーを見ることもでき、目の前に広がる光の野に、子どもたちからも歓声が上がりました。

 

 

「ロープウェイにのって、夜の空中さんぽをしました。頂上の駅に着いたときに見た景色はものすごくきれいでした。光っている東京スカイツリーも見えました。一生忘れられない、いい思い出になりました。」

そんな風に綴られていた小学3年生の息子の日記帳。。。

本当に行って良かったね、また来年の冬に行こうねと家族で約束しました^^

 

つくばエクスプレスを使って来られる方は、つくば駅から夜間臨時シャトルバスも運行中とのこと。

皆さんもぜひこの素晴らしい夜景を見に、筑波山を訪れてみてくださいね!

 

以上、特派員TAKAKOのレポートでお送りしました☆彡

 

【筑波山ロープウェイ スターダストクルージング~夜の空中散歩~】

2/25までの土日祝日限定 17:00-21:00(上りの最終便は20:40)

荒天時、検査時(2/3・2/4)は運休

大人(中学生以上)往復1000円 小学生以下無料

詳しくはホームページをご覧ください。


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
つくばスタイル Instagramフォトコンテスト
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS