1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. ショッピング・グルメ
  4. 子どもと一緒に訪れたい 守谷「アインシュタインカフェ+雑貨」
つくばスタイルBlog

子どもと一緒に訪れたい 守谷「アインシュタインカフェ+雑貨」

つくばスタイル特派員 しらゆき - 2017年07月18日11:00

みなさん、こんにちは。つくばスタイル特派員のしらゆきです。

 

東洋経済新報社が発表した2017年度版「住みよさランキング」で、全国の都市の中から第10位にランクインした守谷市。

つくばエクスプレス(TX)の開通によって都内への通勤・通学が便利になり、

自然豊かで子育て環境が充実しているため、特にファミリー層から人気があります。

 

守谷市の中でも閑静な住宅地が広がる北守谷エリア。

そんな北守谷エリアで最も広い面積を有する「立沢公園」の近くに、2017年4月にオープンしたお店があります。

「アインシュタインカフェ+雑貨」というカフェと雑貨店が併設されたこのお店。

関東鉄道常総線の新守谷駅から県道58号線沿いにまっすぐ西に進むと、ログハウス風の外観と青い看板が見えてきます。

 

 

お話を伺ったのは、このお店を切り盛りしている一石さんご夫妻。

一風変わったお店の名称は、名前の「一石」をドイツ語で表記したもの。

自分の名前にちなんだお店というだけあって、ディスプレイひとつとっても、一石さんの思いが込められています。

 

もともとは飲食関係の会社に勤めていて、自分の希望どおりのお店を開こうと思い立ったご主人。

地域貢献の思いもあって、以前から住んでいた守谷市にお店をオープンさせました。

カフェだけではなく、雑貨店も併設というのが、たっての希望だったのだそう。

「雑貨は雑貨店、カフェはカフェといった専門店は、子育て中の忙しい方には不便。両方一緒だったらいいと思って」と話すご主人。

衣食住に関するさまざまな商品をひとつのお店で扱う「ライフスタイルショップ」として、性別や年齢を問わず、たくさんの方が訪れるお店となっています。

 

 

もともとあったログハウスに手を加え、カウンターやテーブルなどの内装を、ご主人が友人と協力してDIYで作り上げました。

山小屋風の店内は、リゾートを思わせる心地よさと開放感を演出しています。

ご主人が木材を丁寧に削って完成させたテーブルは味わい深い仕上がりで、ナチュラル感あふれる、こだわりの内装となっています。

 

 

こちらでいただけるメニューは、焼きカレーやミートソースペンネなどのスキレット料理です。

スキレットとは鋳鉄製のフライパンのことで、蓄熱性が高く、おいしさを逃がさないという優れもの。

「アインシュタインカフェ」で使用しているのは、アメリカで120年もの歴史を持つLODGEのスキレットを使った本格派。

ボリュームはありますが、アツアツの時間が続くので、最後までおいしくいただけます。

子育て中のママは体力勝負!意外にも残さずに食べていく方が多いのだそう。

 

 

充実したスイーツメニューも魅力的です。

スキレットでいただくパンケーキもおいしそう♪

アウトドアでの定番デザート「スキレットスモア」という焼きマシュマロもありますよ。

また、カウンターのショーケースに並ぶのは、プリンやパンナコッタといったスイーツ。

きなこプリンは、粉っぽさがなく、濃厚な味わいです。

 

店内にずらりと並ぶ雑貨は、紳士物のサングラスやバッグ、衣類といったものから、女性のアクセサリー、赤ちゃん向けの玩具などバリエーション豊か。

最近流行の猫をモチーフにした雑貨も多く取り扱っており、一石さんご夫妻がセレクトしたこだわりの品が並びます。贈り物にもぴったり♪

 

 

描いたイラストをお店に持ち込めば、店内でTシャツにプリントすることも。

お子さんが描いたイラストをTシャツにプリントすれば、きっと喜ばれそう。

サークルやクラスといった大人数で、おそろいのものを用意する時にもいいですね。

 

この近くは、公園と公園を結ぶ遊歩道が整備され、小さなお子さん連れのご家族でも安心して歩けるようになっています。

加えて、ここは市民が気軽に利用できる、守谷市市民交流プラザからも歩いてすぐの場所。子育て中のママとお子さんがお散歩ついでによく立ち寄ってくれるのだとか。

店内に木製の鉄道玩具があるのも、子ども連れにはうれしいポイント。

「お子さん連れの方に、ぜひ来てほしいですね」と奥さま。

お二人の小さなお子さんがいる一石さんご夫妻だからこそ、お子さん大歓迎とのこと。

お子さん向けには、「キッズプレートランチ」のメニューもありますよ。

 

「お母さんと一緒に来てくれた小さなお子さんが、大人になってから、また来てくれるようなお店を目指しています」とご主人。

小さなお子さんも快く迎え入れてくれる一石さんのお店。

ここは、家族みんなに長く愛される場所になっていくことでしょう。

 

 

お店の入口手前にはテラス席もあり、街路樹を見ながら、ゆっくりとコーヒーをいただくこともできますよ。

 

子どもと一緒でも気兼ねなく行ける、素敵なお店が守谷にまたひとつ増えました。

以上しらゆきがお届けしました。

 

EINSTEIN CAFE+ZAKKA(アインシュタインカフェ+雑貨)

守谷市久保ヶ丘2-16-4

0297-44-6837


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばエリアの魅力満喫プレゼント
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS