1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. つくばスタイル
  4. 家族を育む、人と人とを結びつける庭づくりをー「ここちテリア」
つくばスタイルBlog

家族を育む、人と人とを結びつける庭づくりをー「ここちテリア」

つくばスタイル特派員 TAKAKO - 2017年07月12日11:00

皆さん、こんにちは!インテリアをはじめ、ガーデニング、おうち作りの話が大好きなTAKAKOです。

 

思わず「素敵ー!」と言ってしまうような、こだわりの新築住宅が多いTX沿線。庭にお花がたくさん植えられていたりすると、うっとりと見つめてしまいます♪

そう、「庭付き一戸建て」の夢が叶うこのつくばエリアだからこそ、庭はおうちの顔ともなるんですよね!

でも、家を建てるとき、間取りやインテリアといったことについては家族会議を重ねても、庭のこととなるとどうして良いか分からなかったり「とりあえず住めればいいや」と、外構は手つかずのまま暮らし始めたという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

「庭の具体的なイメージが浮かばない」「何となくこうしたいというイメージはあるけれど…」

今回は、そんな悩みを抱えたご家族にぜひおすすめしたいスポットを取材してきました!

 

向かったのは、TX研究学園駅・みどりの駅から車で約15分のつくば市羽成。

エクステリアの展示場「ここちテリア」です。

 

「ここちテリア」は、この地で創業56年を迎えた総合建設業「浅野物産」が満を持して昨年5月にオープンさせた体験型エクステリア展示場。

実際に歩いて見て回ることのできる展示場の広さは、なんと300坪。春になると一面を芝桜が覆う筑波山を模した丘があったり、夜はライトップされてまた違った雰囲気を楽しめたりと、趣向の凝らされたそのガーデンを早速カメラ片手にお散歩してみました^^

 

 

一歩足を踏み入れると、そこは展示場というより、花でいっぱいの美しいガーデン…!

石畳の小道を飾っているのは、宿根草をはじめとした四季折々の草花たちでした。

 

「宿根草は、忘れていても毎年ちゃんと咲いてくれるんですよ」と、愛おしそうにお花を見つめるのは取締役専務の浅野弘美さん。

忙しくて毎年植えることはできなくても、庭に宿根草を植えておくことによって、意識しないと気づかないような四季の移ろいも自然と感じることができるようになると言います。

 

展示場の中には、訪れた方が気軽に休むことができるようにパラソルやテーブル、椅子もあるので、思い思いの時間をご家族で過ごしてほしいとのこと。近くには羽成公園もあるので、公園で遊びがてら散策に訪れるのも良さそうです。

ゆくゆくは芝生広場にドッグランを作りたいという思いもあるそうなので、ワンちゃんもぜひどうぞ、とのことでした。

 

そんな「ここちテリア」に咲く花の世話をしているのは、元気な女性スタッフ☆

現在子育て真っ最中、あるいは子育ての経験者という主婦たちで構成されたガーデニングチームなので、同じ母親目線で、庭づくりに関して気軽に質問することができました♪

 

子育て中には孤独になってしまうこともあるお母さん。花はそんなママたちに寄り添って心を癒やしてくれるものだと言います。

小さな子どもがいると、外出したくてもなかなか外に出られない。そんな育児中の主婦にとっては、忙しい家事の合間に見る庭の草花が心の癒やしになるんですよね。そして、たとえ外出できなくても、花の咲くきれいな庭なら通りゆく人が声を掛けてくれたりして、外から人が集まってくることもあるかもしれません。そして、野菜やハーブの植えられたキッチンガーデンがあれば、自然と子どもたちが野菜好きになるということも期待できますよね!

 

そんな「家族を育む庭」の存在。

せっかくの庭を草ボーボーのままにしていてはもったいない、ということですね (^_-)

 

 

敷地を奥へ進むと見えてくるのが、明治15年建築の蔵を改装して作られたという「ここちテリア」のショールーム。

立派な梁は残したまま、内装は黄色を基調としたモダンでとっても明るい、おしゃれなショ―ルームになっています。

こちらでは、ガーデニング、外構工事、お庭に関するあらゆる相談に対応して頂けるとのこと。心強いですよね。

 

 

​当初は会議室として作った2階の「交流サロン」。

「空いているんだったら貸してくれない?」というお客様のひと言から、今では1日1組限定、予約制で貸し出しているとのこと。地域に貢献したいという思いから、使用料は光熱費の1000円のみという、何とも太っ腹な交流スペースなんです!今ではその存在が口コミで広がり、フラワーアレンジメント教室やガーデニング講座など、その利用のされ方はさまざまで、多くの予約でカレンダーはいっぱいになっているそう。

講師となる女性の社会復帰にも一役かっているという「交流サロン」なんです。

 

 

「お花は人を呼びます。そうして人が集まれば、いろんなことを教えてもらえる。それがまた次につながっていくんです」と言う浅野弘美さん(左端)

 

最初は会社の資材置き場となっていた殺風景な敷地を整備し、そこに花を植え、この「ここちテリア」をオープンして丸1年。花が呼びよせてくれたのはお客様だけではなかったそうです。地域の方々、交流サロンを利用する方々…そして、この黄色いユニフォームに身を包んだ、前述の主婦たちによるガーデニングチーム「ガーデナー’s アナベル」もお花が結んでくれた出会いの一つでした。

 

次回は、始まったばかりのこの「ガーデナー’s アナベル」による新しい取り組みと、つくばという土地ならでは☆子育て応援企業としての「ここちテリア」をご紹介していきたいと思います!

 

ここちテリア

つくば市羽成23-1

TEL:029-838-1128

営業時間:9:30-18:00

定休日:水曜日

 


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編
つくばスタイル Instagramフォトコンテスト

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS