1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. 子育て・教育
  4. みどりのに新たに開園! 「わかばキラメキ保育園」
つくばスタイルBlog

みどりのに新たに開園! 「わかばキラメキ保育園」

つくばスタイル特派員 しらゆき - 2017年04月03日11:00

みなさん、こんにちは。つくばスタイル特派員のしらゆきです。

 

以前にもお伝えした、つくば市みどりのエリアに、この春、新しく開園する保育園があります。

「わかばキラメキ保育園」は、つくば市にある「わかば保育園」の系列園のひとつ。

開園に先立ち、見学会があると聞いてさっそく取材にお伺いしました。

 

「わかばキラメキ保育園」があるのは、TXみどりの駅東口から歩いて10分ほどの場所。

このあたりは、新しい戸建ての住宅地と森や畑が広がる、のどかなエリア。

近くには、鹿島アントラーズアカデミーセンターや2018年4月開校予定の小中一貫校(仮称)みどりの学園義務教育学校があります。

 

 

保育園の外観は白を基調とした、平屋の建物。

入口のドアを開けると、木の香りが漂ってきます。

 

まず目に飛び込んでくるのは、広々としたエントランスに、床から天井までを貫く数本の大きな柱。

大胆にも、天井近くの木の枝は落とさずに、そのまま柱として使っています。

 

 

茨城県産の木材をふんだんに使い、ナチュラルで温かみのある室内。

すべては園児のためを考えたデザインというだけあって、シンプルで無駄がなく、機能的です。

自然の木を使った床板は、園児たちの成長と共に色に深みを増していくことでしょう。

 

柱のすぐ脇には、職員室があります。

壁で仕切られていないため、見通しがよく、人の出入りがすぐ確認できます。

窓越しに室内から外の様子が見えるようになっているのも、安全面を考慮してのことだとか。

 

壁の色は白が基調。

理事長の話では、園児が落ち着いて集中できるように、室内の色は白にしたかったのだそう。

こだわりの白い壁は、自然光を反射させ、室内を明るくする効果も。

 

0歳~1歳児用の保育室内は、天井が高く、見上げた窓から明るい光が差し込みます。

日差しを遮るロールスクリーンも淡い色合い。

落ち着いた空間で、ゆったりとした気持ちになれます。

 

 

廊下には絵本棚があり、好きな本をすぐ手に取って読めるようになっています。

子どもたちにとって、本が身近にある環境はうれしいもの。

見学会で、実際に絵本を読んでいるお子さんの姿もありました。

 

保育室の中には、可動壁を利用して広く使えるようになっているところも。

ホールとして使うほか、外遊びができない雨の日などにも活躍しそう。

壁際には園児の荷物を収納するロッカーが備わり、室内を広々と使うことができます。

 

 

園内には、学童専用の設備もあります。

学童の子どもたちが過ごす部屋はもちろん、学童用の出入り口やお手洗い、医務室が個別に完備。

園児と設備を別にすることで、園内での感染症対策もしっかりとられています。

 

どの保育室からも園庭が見えるよう、L字型になっている園舎。

園庭には芝生が張られ、小高い丘があります。この庭を駆け回るのは気持ちよさそう♪

「丘の周りを取り囲むように、これからデッキを作って、子どもたちが走れるようにしたい」と理事長。

いずれは木も植えるそうで、園庭がどんどんにぎやかになりますね。

 

 

見学会には、入園予定のお子さんとご家族が大勢来ていました。

みなさんが口々に言っていたのは、「こんな素敵な園に通えるなんて、よかったね」

「入園式が待ち遠しいね」

子どもたちの嬉しそうな笑顔が印象的でした。

 

つくば市では、TXの開通以降、子育て世代の転入が多く、毎年保育園の開園が相次いでいます。

 

とことん園児のことを考えて造られた「わかばキラメキ保育園」。

この新しい園に、子どもたちの元気な声が響くのも、もうすぐ。

開園が楽しみですね♪

 

以上、しらゆきがお届けしました。


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。
つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS