1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. スポーツ
  4. 馬と人が輝く場所「乗馬クラブ エトワール」
つくばスタイルBlog

馬と人が輝く場所「乗馬クラブ エトワール」

つくばスタイル特派員 ヤギッチ - 2015年09月21日10:30

どーも、ヤギッチです♪

今日は、TX万博記念公園駅から徒歩15分程の場所にある乗馬クラブ エトワールをご紹介します♪

 

1509etoile1

フランス語で「星」を意味するエトワールをクラブ名に入れたのは、「馬と人が輝く場所にしていきたい」という願いから。
2011年11月につくば市に隣接する牛久市で始めた「乗馬クラブ エトワール」は、2014年10月に万博記念公園駅近くに移転しました。

「自分の乗馬クラブを設立するのが夢だった」と語る代表の中島悠介さんは、生徒さんたちを指導する傍ら、自身も国体に出場するなどバリバリの現役選手。
他の指導員の方々も数々の試合で優勝や入賞するなど、実力者が揃っています。

1509etoile2

レッスンに通う生徒さんたちも、子どもから大人まで幅広い年齢層。
「健康のために乗馬を始めたい」という初心者の方から、「大会で優勝するために技術を磨きたい」というストイックな生徒さんまで、ニーズもさまざま。

そういった生徒さんたちに教えるために、レッスンは完全予約制で少人数制。マンツーマンで教えることも多いそうです。
そうすることで先生にレッスン生の個性や癖などを把握してもらい、丁寧に教わることができる!と、生徒さんたちにも好評です^^

指導方法が良いという理由の他に、中島さんのような現役選手のお手本を間近に見られるためなのか、同クラブからは国体など全国的な試合に出場する選手を輩出しています。
2020年の東京オリンピックに、ここの乗馬クラブから選手が出場するかもしれません!

1509etoile3

こちらはエトワールの看板ポニーのアース!癒やし系の金髪のイケメンです^^
エトワールにはポニーを含め、サラブレッドや乗馬用の馬など24頭のお馬さんがいます。
3000坪ほどの土地に、障害馬術や馬場馬術など、さまざまな種目が練習できる馬場が完備されています。

「障害を飛ぶのが得意な馬もいれば、演技が得意な馬もいたり、それぞれの個性があるので生徒さんの癖や目指すところなども考えてレッスンを行います」と中島氏。

…馬が演技?
聞いてみると、「総合馬術競技」というものがあると教えてくれました。
以下の3種を同じ馬に乗って競い合うものです。

①馬場馬術…フィギュアスケートのようにいかに正確に美しく運動ができるのかを競うもの。
②クロスカントリー…総合馬術競技の花形種目。自然の地形を活かした長距離のコースを駆け抜けます。障害を飛び越えると水があったりと、難しそう!人は事前にコースを確認するそうですが、馬はぶっつけ本番で走るのだとか…
③障害馬術競技…10個以上の障害のあるコースを走行します。障害の高さは160cmほどの場合もあるのだとか!…高いですよね。想像するだけで、怖いです。

そういった競技を行うのは、ちょっとやそっとの訓練では厳しいと思います。
馬と人とのコミュニケーションや信頼関係が、とても大事ですね^^

1509etoile4

今までこういった乗馬クラブに入った経験は無いので、他の乗馬クラブと比較できませんが、獣の匂いがしないことに驚きました!
牧場の体験乗馬などは、その場に近づくと獣の匂いがしたのですが…エトワールは本当に無臭!清潔だからでしょうか…?

そして、厩舎から顔だけひょっこり出しているお馬さんも、どこか品があって綺麗な顔立ち。好奇旺盛なのかじーっとこちらの様子を見ていて、とても愛らしい…!
馬の様子からも、いい乗馬クラブなんだなぁと感じることができました^^

以上、海外で乗馬体験した際、馬が草ばかり食べて、ちっとも歩けなかったヤギッチがお送りしました♪


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。

万博記念公園駅周辺は、こんなところ。

万博記念公園地区アクセス

田園都市島名

駅周辺では大規模な集合住宅や商業施設の立地も進み、島名地区を中心に戸建住宅が立ち並んでいます。

駅前のショッピングセンター「ピアシティ万博記念公園」にはスーパーやドラッグストア、歯科医院、美容院などが軒を連ね、現在も続々と新しい家の建築が進んでいる人気エリアです。

各駅への所要時間

島名地区の宅地分譲

つくば情報ステーション

つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS