1. HOME
  2. 子どもを育む街! つくばスタイルBlog
  3. 観光・物産
  4. つくばみらい市の田んぼアート、収穫祭!
つくばスタイルBlog

つくばみらい市の田んぼアート、収穫祭!

つくばスタイル特派員 ヤギッチ - 2013年11月01日17:45

どーも、ヤギッチです♪

 

つくばエクスプレスみらい平駅から守谷駅へ向かう途中、車窓から見える「田んぼアート」をご存知ですか?
「NPO法人 古瀬の自然と文化を守る会」が2005年から行っている「田んぼアート in つくばみらい」は、紫稲や黄大黒などの稲を使って、毎年異なるイラストと文字を田んぼに描いています。

 

今年描かれたのは、「おもいやり」という文字と「ドジョウ」のキャラクター。
あまりにも広大な場所に描かれているので、地上からだと写真に収まりきれません…(^^;

 

1310tanboart1

 

春に田植えをし、無事に秋を迎え、収穫祭が行われました♪

 

1310tanboart2

 

春の田植えの際にも参加したという、都内から来ていたご家族にお話を伺いました。
「息子がごはんを残すようになったので、食育のために農業体験を探していました。
つくばみらいでやっているとネットで知り、春に田植えをしたら息子の食べ物に対する意識が変わって、残さないようになりましたよ!収穫もすごく楽しみにしてたみたい」

 

その息子さん…稲刈りは初めてのはずですが、この手際の良さ!

 

 

刈るの早い(笑)わずか3秒で1束刈っていました。
大人でもここまで刈るのが早い人はいませんでしたよ^^

 

田んぼにはカエルやザリガニなどの生き物がいました。
冬眠しかけたところを起こしちゃってるのかもしれませんが、子どもたちは大興奮で捕獲(笑)

 

1310tanboart3

 

収穫を一通り終えて、小貝川の河川敷に移動。
こちらでは、昔の農機具を実際に動かすことができました。
こういった体験を子どもの頃にすると、すごく印象に残りますよね^^

 

 

 

普段、米を研いで炊飯器でピッとボタンを押せば美味しいご飯が食べられる生活を送っていますが、米作りは長い歴史の中で農器具や品種の改良がされ、農家の方が一生懸命作ってらべられるもの。当たり前のことですが、忘れがちな大事なことを思い出すきっかけになりました。

 

陽が暮れた頃、地元の小学生と収穫祭に参加した方々が制作した250機ほどの灯篭が小貝川に浮かび、とても幻想的な風景に。
その頃になると、地元の子どもたちと都内から来た子どもたちが一緒になって遊んだりと、すっかり仲良しに^^
都内から訪れた人たちが、つくばみらいの自然だけでなく、人も好きになってもらえると嬉しいです^^

 

1310tanboart4

 

実りの秋に感謝^^
以上、残さず美味しく食べよう!ヤギッチがお送りしました♪


この記事に関するご感想・ご意見をお気軽にtwitterまでお寄せください。

みらい平地区は、こんなところ。

みらい平地区アクセス

みらい平

大屋根が印象的なみらい平駅舎を中心に、「陽光台」「紫峰ヶ丘」「富士見ヶ丘」の3地区に戸建住宅が立ち並んでいます。

また、周辺には豊かな教育環境をはじめ医療施設、商業施設が充実し、便利に暮らせる環境が整っています。美しい街並みや自然の中で、毎日の暮らしが便利で快適、そして、ゆとりのあるライフスタイルが実現できます。

各駅への所要時間

みらい平の宅地分譲

みらい平情報ステーション

つくばスタイルモデルファミリー~研究学園葛城
つくばスタイルモデルファミリー~島名
つくばスタイルモデルファミリー~みらい平
つくばスタイル Instagramフォトコンテスト
【座談会】つくばはこんな街~パパ編
【座談会】つくばはこんな街~ママ編

最新記事

カテゴリー

メンバーブログ

過去ブロガーはこちら

バックナンバー

【以前の記事はこちら】

RSS